この英国サイケデリック・ブルースのスーパーグループによる革新的な作品は、いくらでも奥深く研究する価値はある。だが、初心者がクリームの全体像を知るには、この20曲入りのベスト盤がおあつらえ向きだ。エリック・クラプトン、ジャック・ブルース、ジンジャー・ベイカーの名プレイヤー3人は、ディストーションを効かせたブルースの即興演奏にジャズの要素を組み込むことで、ロックの可能性を広げた。本作は、型破りなオリジナル曲と、さらに魅力を高めた数多くのブルースのカヴァー曲とをおり混ぜている。その中でも、ロバート・ジョンソンの「Crossroads」のライヴテイクは、ロックバンド史上屈指のブルース・ナンバーだ。クリームはわずか4枚しかアルバムをリリースしなかったため、本作には代表曲のほとんどがそろっており、クリームがヘビー・メタルの種をまいたいきさつを教えてくれる。(Marc Greilsam, Amazon.com)

 ・ amazon : Very Best of Cream

 ・ amazon-MP3 : The Very Best Of Cream

 ・ Google Music Unlimited : Cream : The Very Best of Cream

 ・ レコチョク Best : Cream : The Very Best of Cream (1995)

 ・ Spotify : Cream : The Very Best of Cream (1995)