徐々にジャズ的インプロヴィゼーション(即興演奏)にも触手を伸ばした、キングクリムゾンの8枚目。メタリックなギターに、ホーンやパーカッションが混じりあう独特のサウンドは、キングクリムゾンならでは世界。
従来のプログレッシブな曲もいいが、特にメタリックなギターとパーカッションが絡みあい、徐々に熱を帯びてくる<1>は、曲の展開がどうなっていくかわからないスリリングな演奏で、聴く者を驚かすだろう。インプロヴィゼーションのおもしろさを知りたい人にぴったりの1枚だ。(たかいしさとし)

Amazon : Red