Jethro Tull / ジェスロ・タル - 100Progressive.com

Jethro Tull / ジェスロ・タル
Biography

ジェスロ・タル(Jethro Tull) は、イギリス出身のプログレッシブ・ロック・バンド。イアン・アンダーソンをリーダーとして、1968年にアルバム『日曜日の印象』でデビュー。このアルバムは、全英10位にチャートインし、その年の『メロディ・メーカー』誌の人気投票で、ビートルズに次ぐ第2位を獲得し注目される。デビュー当初から独自の存在感を放っていた。

 ・ Spotify : Jethro Tull / ジェスロ・タル

Jethro Tull / ジェスロ・タルの活躍

結成当時のラインナップは、イアン・アンダーソン(ヴォーカル、フルート、etc.)、ミック・エイブラハムズ(ギター、ヴォーカル)、グレン・コーニック(ベース)、クライヴ・バンカー(ドラムス)の4人。
デビュー・アルバム『日曜日の印象』リリース
ゲッセマネというバンドのギタリストであったマーティン・バレを加入させ、セカンド・アルバム『スタンド・アップ』をリリースする。ブルース以外にも音楽性を大きく拡大させたこのアルバムは全英第1位となる。中でもバッハの楽曲をジャジーかつアーシーにアレンジしたインスト曲「ブーレ」は注目を集めた。
続く『ベネフィット』はアメリカでも11位とヒットを記録し、さらに脚光を浴びた。この時期、同じクリサリス・レコードに所属するバンドだったトラフィック、テン・イヤーズ・アフター、プロコル・ハルムなどと共にブリティッシュ・ロックの世界的な位置づけを確定させた。
その後グレン・コーニックが脱退するが、バンドは文学的な気品とリリシズムを毒々しいユーモアと盤石のテクニックで演出したプログレッシヴ・ロックで人気を拡大していき、『アクアラング』(1971年)からこの方向性が顕著となる。その後クライヴ・バンカーの脱退、バリモア・バーロウの加入を経て、『ジェラルドの汚れなき世界』(1972年)、『パッション・プレイ』(1973年)というアルバム全体が一曲という大胆な大作で全米1位を獲得するまでになる。